基礎代謝(きそたいしゃ)とは

基礎代謝(きそたいしゃ)というのは人間が横になっていても燃える熱量のことですが、5割以上を全身の筋肉・内臓の中で一番大きな肝臓・頭部の脳の3つが使うとのことです。
寝姿を見ることで、本人がセラピーアニマルのことをとても愛おしく感じると「愛情のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが多く分泌されて、ストレス軽減や精神のヒーリングなどに結びついているのです。
陰金田虫というのは、医学上は股部白癬(こぶはくせん)という名称で、かびの仲間である白癬菌が股部、陰嚢(いんのう)、臀部などにうつり、棲みついてしまう病気のことであり即ち水虫です。
大抵は骨折しない程度の弱い力でも、骨のある定まったポイントに複数回にわたっていつまでもかかってしまうことにより、骨が折れることもあるようです。
アミノ酸であるグルタチオン(Glutathione-SH)には、細胞の機能を鈍化させたり突然変異をもたらすような人体に悪影響を及ぼす物質を体の内部で無毒化し、肝臓のパワーをより強める働きが認められているのです。
グラスファイバーで作製されたギプスは、大変強靭で軽くて着け心地が良い上に耐久性に優れ、濡らしてしまってもふやけないという特長があり、いまの日本のギプスの王道と言われています。
世界保健機関(WHO=World Health Organization)は、人体に有害なUV-A波の異常な浴び過ぎが皮ふに健康障害を引き起こす可能性が高いとして、18歳以下の男女がファッション感覚で肌を黒くする日焼けサロンを利用する行為の禁止を各国に提起しています。
汗疱状湿疹(汗疱)は手の平や足の裏、または指と指の間などにブツブツの水疱ができる皮膚病で、世間一般では汗疹(あせも)と呼び、足裏にできると水虫と混同されるケースが結構あります。
過飲過食、体重過量、消費カロリーの低下、不規則な生活、仕事などのストレス、高齢化といった複数の誘因によって、インスリン分泌が鈍くなったり、働きが鈍くなったりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症するといわれています。
ともすると「ストレス」は、「なくすもの」「除去すべき」ものと考えがちですが、実の所、我々はこうしたストレスを経験しているからこそ、生きていくことができています。
めまいは診られないのに、辛い耳鳴りと低音域の難聴の症状だけを幾度も繰り返すタイプのことを区別して「蝸牛(かぎゅう)型メヌエル病」という呼称で呼ぶ症例もままあります。
BMI(体重指数を求める式はどこの国も一緒ですが、数値の評価基準は国単位でそれぞれ少しずつ異なり、一般社団法人日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22を標準体重、BMI25以上の場合を肥満、18.5未満を低体重と決定しています。
ばい菌やウィルスなど病気をもたらす病原微生物が口から肺の中へ入って伝染してしまい、肺全体が炎症反応を起こした容態を「肺炎」と総称しています。
AIDSはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染によって罹患するウイルス感染症の事であって、免疫不全を招き健康体では感染しにくい日和見感染や悪性新生物などを併発してしまう病状全般を指しているのです。
「肝機能の低下」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等3種類の数値で確認することができますが、特にここ数年肝臓の機能が低下している国民の数が明らかに増加していると言われています。
北国の恵み通販 | お試しモニターで関節痛解消